• 豊橋で売上UPに困っている店舗さんを“売れる看板”でお手伝い!
  • 豊橋で売上UPに困っている店舗さんを“売れる看板”でお手伝い!
  • 豊橋で売上UPに困っている店舗さんを“売れる看板”でお手伝い!
  • Home
  • 売れる看板5つの秘密
  • 看板制作事例
  • お客様の声
  • 看板屋ブログ
  • 会社情報
  • ご依頼の流れ

2016年

3月

28日

湖西の新所原の美容室さんの看板事例 | 豊橋の看板屋さん

湖西の新所原駅前に開店した美容室さんの看板事例のご紹介です。

 

 

■まずは壁面にパネル看板

 

湖西の新所原駅前にオープンした美容室さんから看板の御依頼をいただきました。

 

名古屋で修行を積まれた方が地元に戻って、開業されるケースです。

 

今回の看板の場合、基本的には店名通りに、白地に黒文字っというのが看板デザインするときのご指定でしたので、ごらんのようなデザインに。

 

この案件自体は居抜き物件で、以前の店舗看板がカルプ文字でついていたので、その部分を目隠しする形でアルポリ板にて看板制作をいたしました。

 

壁面への設置は、コンクリビスにて固定をし、外周へはコーキング処理してあります。

 

■テナント集合看板へカッティング文字

 

この湖西の新所原駅前にあるテナントビル入口部分に、入居しているテナントさんむけに集合看板が元々ありました。

 

写真では2F部分が空白になっているんですが、これは以前入っていたお店のカッティング文字を剥がした状態。

 

今回はこの文字を剥がすのに時間がかかり......(^^;

 

かなり日焼けした状態だったんで、文字が簡単に剥がれることが無く、今回は剥離スプレーをつかって、既存のカッティング文字を溶かして、除去する形。

 

ただ、ベースのアクリル板が日に焼けてかなり劣化しており、いたるところに亀裂が入り掛かってるため、表面を力をいれて触ることができな状況だったため、除去作業でかなりの時間がかかってしまいました。

 

アクリル板は劣化すると割れやすいですから、古い看板の表示内容を変えるときは注意が必要ですね!

 

最終的には写真の通り、パネル看板同様の白地に黒文字のデザインにて、カッティング文字仕上げをしてあります。

 

 

最後は、店舗入口ドア部分へパネル看板です。

デザインは他の看板と同様にて〜

 

こちらのドアにも、古い看板の接着後が残っていて直接カッティング文字がはれる状態にはありませんでしたので、、残り跡を隠す形で、アルポリ板の看板を上からはって施工をしておきました。

 

 

コチラの店舗さん自体、開業してまもなく、HPもご自分でコツコツ作ってお見えでしたので、オープン後の集客がどこまでできるか未知数の状況でした。

 

 

 

当方でも可能な限り、看板以外での集客のお手伝いになればと思い、上記の様な動画をYouTubeにアップしておきました。

WEB検索にて、『新所原 美容室』で1ページ目に表示できておりますので、多少なりとネットからの集客にお役にたっていればと思います。

 

弊社ではこんな形で、看板を集客できるものに作り上げるだけでなく、WEB集客についても店舗さんを応援していますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

またブログアップしますねー(^^)


看板に関するご相談はお気軽に!|TEL:0532-54-5307|メールでのお問い合わせ|看板プロデューサーの私がおうかがいします!